外貨積立資産のリスク要因は?

外貨積立資産のリスク要因としては、
まず為替市場で長期に渡って円高傾向が続くことが挙げられます。

為替市場の短期的な円高傾向であれば、
外貨の積立てを行っているためにコストが平均化され、
特にリスク要因とはならないです。

しかし、何年にも渡って円高傾向が続いてしまうと、
外貨積立資産は実質目減りしてしまうことも考えられます。

次に外貨積立資産のリスク要因として、
新興国などの通貨では国がデフォルトをしてしまうリスクが存在しています。

可能性は少ないですが国がデフォルトを起こしてしまうと、
通貨の価値は暴落することになってきます。

そうなると、外貨積立資産の価値は目減りしてしまいます。
したがって、外貨積立資産においては
新興国通貨の組み入れ比率は少なめにする必要があります。

次に外貨積立資産のリスク要因としては、
手数料が比較的高めになっていることが挙げられます。

銀行が取り扱っている外貨預金では、
取引手数料がFXの数倍になっていることが多いです。

そのため、手数料の支払いによって、
外貨資産の金利分を帳消しにしてしまうリスクが生じてきます。
とくにユーロといった金利が低くなっている通貨では、
手数料の負担が重くなりがちなので、注意が必要です。

FXといえば石川久美子さん。
石川さんは外為どっとコム総合研究員のシニアFXアナリストです。
分析スタイルはファンダメンタルズ分析だそうです。
このサイトは石川さんの情報を世界一調べ尽くしているみたいで、
FXをこれからやろうと考えている人は是非読んでみておくと良いと思います。

 

© 外貨積立資産のメリットとリスクについて!