外貨積立資産のメリットは?

外貨積立資産のメリットとしては、
まず為替変動リスクを抑えられることが挙げられます。

通常、外貨資産を保有する場合には、
資産購入時よりも為替が円高へ動いてしまうと
資産価値が目減りしてしまうリスクが生じます。

しかし、外貨積立資産では毎月一定の金額を積立てていくと
購入時の為替の水準が平均化され、
為替による価値の減少リスクを最小にすることが
可能になるメリットが出てきます。

次に外貨積立資産を保有するメリットとして、
国内資産よりも高い利回りを確保することができることが挙げられます。

国内の預金や債券を購入しても、
利回りは年利1%以下などに低く抑えられているのが現状となっています。

しかし、外貨積立資産ならば、
高金利通貨などに多く資産を配分することで
年利3%といった高い利回りを狙うことができるようになります。

高金利通貨においてはブラジルレアルやトルコリラなどが、
年利10%といった高い利回りがあり、
日本の個人投資家に人気となっています。

しかし、ブラジルレアルやトルコリラは
為替変動が大きいというリスクも存在しています。
これからはじめる人は初心者おすすめのFX会社を参考にしましょう。

リスクを回避するためには、毎月一定額を積立てしていく外貨積立資産を上手く活用すれば、
長期的に高い利回りを得ることは難しくなくなると考えます。

 

© 外貨積立資産のメリットとリスクについて!