ドルコスト平均法は?

資産運用の格言の一つに「卵は一つのカゴに盛るな」という言葉があります。

聞いたことがある方も多いことでしょう。
全ての卵を一つのカゴに盛っていれば
そのカゴを落とした時には全ての卵が割れてしまう、
つまり卵をいくつかのカゴに分けて盛ることで、
全ての卵を割ってしまうリスクを下げましょうということです。

資産運用といえばFXをやっている人いると思いますが、
やはりみんな優良なFX会社が知りたい!と思います。
そんな人にうってつけのサイトを見つけましたので参考にして下さい。

資産運用では、分散するという場合、
金融商品などの種類の分散などの他に時間の分散という方法があります。

つまり投資金額全てを一度に投資するのではなく、
買い付け回数を増やし時期を分散したり、
決まった時期に一定額を積み立てるといった投資方法です。

この中で株式や投資信託などの金融商品を
定期的に一定金額ずつ購入する方法を「ドルコスト平均法」といいます。

「ドルコスト平均法」は、
例えば毎月一定額で対象の金融商品を購入するため、
購入価格が高い時には数量を少なく、購入価格が安い時には
数量を多く購入した結果になることがあります。

その結果平均購入単価がある程度平準化できたといったことになる場合があります。
最終的な利益は売却する時の価格にも大きく影響されますので、
必ずしも常に良い結果が出るとはいえませんが、
価格の上下に一喜一憂して判断力が鈍るという心配のある場合などには
ドルコスト平均法は一つの選択肢として検討してみてもいいかもしれません。

 

© 外貨積立資産のメリットとリスクについて!